商品の開発、製造、販売に至るあらゆる過程で常に“人と環境を大切に”することをモットーとし、低炭素社会をめざします。

●「製品開発、生産過程」では、省エネルギーを目指した設計を行います。
●「流通過程」のパッケージングでは、製品保護を重視し、発送箱の回収・リユースや、省資源の緩衝材を使います。
●「商品の品質」は、人の肌に対する安全性を第一とします。
●「商品の消費」では、可能な限り詰め替え式容器を採用して省資源を目指します。又、水系への排出を考慮し、河川の負荷を抑えた生分解性の高い原料を選びます。
●「工場インフラ」では、省エネルギー設備を考慮し、エアコンの設定温度を規制してクールビズ、ウォームビスを奨励します。社内緑化に取り組み、工場内菜園を行っています。
●「社員教育」では、「環境方針」の理解を重視し、一人ひとりが低炭素社会に参加するよう心掛けています。
●「CO2排出削減目標」を掲げ、1998年比で2010年には19.6%を削減しました。2030年までに30%、2050年までには50%削減をめざします。

http://www.leila.co.jp/leila/commitment/earth/

掲載されているFun to Share宣言及びその内容は、各企業・団体から寄せられたものです。