思い出したらエコ!

住のエコ

158

「新年度、家の中を片付けてリセットしよう」

春です。住む場所を変えて、新しい生活をする人も多い時期。引っ越しは省エネ家電やLED照明へ切り替える大きなチャンスです。

でも私を含め引っ越さない人も多いです。それでも4月だから、何かエコ生活をさらに進めることをしたい。では、家の荷物のダウンサイジングをしてスッキリ!というのはどうでしょう?
というのはワタクシ、昨年50歳になったことを機に家の中の荷物を40パーセント減らそうとしていて、去年末までに洋服、物置の中などを大処分しました。家の中のものが減ったら、なんだかエアコンの効きがよくなった気がする。物を減らす=エコ、と勝手に解釈。

といいつつそれまでに出たゴミは、約50キロ。エコ=ゴミを減らす、に思いっきり矛盾してない?一瞬悩みましたが、そこはいったん家の中をリセットして、この先ゴミをあまり出さないようにすることでエコを進めると、いうことにします。

引き続き今度は身の回りの雑貨、仕事関連の資料などを大々的に処分しています。その時にしっかり頭に入れておきたいのが、処分する物の行き先。必要ないものを、「とりあえずここに置いておこう」は絶対避けたいのです。

そこで私は片付けを始める前に、以下のように分別ごとの行き先を明確にしました。(※各自治体で異なるので、確認してください)

  • 1、燃えるゴミ→決められた曜日の回収場所へ。ゴミ袋は多めに用意。途中でなくなるとやる気もなくなります。
  • 2、燃えないゴミ、粗大ゴミ。→決められた日の回収場所へ出す。もしくは市の処分施設に持ち込み有料で処分してもらう。
  • 3、洋服、靴、古新聞、雑誌等紙製品→資源ゴミ。決められた日に回収場所へ
  • 4、遊休品(使っていない食器、洗剤、タオル等)→リサイクルショップ。

今まで何度か市の処分施設に燃えないゴミを持ち込んだことがあるけど、そこに集められたゴミの多さを見ると、罪悪感で胸がギュッとなる。その光景を前に、「なるべくゴミを出さないようにしよう」と、ココロから思うのです。

さてリセットした家からゴミをなるべく出さないためにはどうすればいいか?それは、とにかく「不必要」なものを買わない、もらわないに限ります。「欲しい」と一瞬思っても、あのゴミ処分場の光景を思い出して、ホントに必要なのか、再考するのです。するとほとんどの場合、欲しくなくなるのでした。いつまでも家の中もスッキリで、一石二鳥です。

COOLCHOICE 「不必要なものを家に持ち込まなければ、ゴミは出ない」