NPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業 民間団体とメディアの連携を応援!

平成27年度採択案件

再生野菜(リボベジ)プロジェクト
~あなたはリボベジを知っていますか?~

メディア名:株式会社大分放送

メディアは、「大分県立大分東高等学校リボベジ研究会」と連携し、野菜のヘタや根っこ等の従来捨てられていた箇所を水につけておくことで再生させ有効活用する「リボベジ」を通じて、ごみ減量や資源の有効利用の意識向上と行動喚起を図った。
具体的には、リボベジの説明や、リボベジレシピの募集・公開等を、自社テレビ情報番組の特集コーナーで行う他、情報番組内でも高校生の取組みを取材・放送した。また、「リボベジってなに?」と題したミニ番組の制作・放送、スポットCMの放送、メディアが主催するイベントでのブース出展等の多角的な情報発信を行い、県内に広くリボベジの趣旨が理解され、活動が広がることを目指した。

NPO・NGO等民間団体による今回の申請に係る活動について(実績)

活動の目的(背景、動機)

大分東高等学校生徒の祖母が家で取り組んでいるリボベジをみて、生ごみを減らし、資源の有効活用ができるのではと思い、クラスメイトを誘い「大分東高校リボベジ研究会」を設立した。多くの人にリボベジを知ってもらい、実践してもらいたいと思い校内外で様々な活動を行ってきた。「食べ飽きたら捨てる」「美味しくないから捨てる」をより減らすためには、誰でもできる方法を実践することが重要という思いで活動してきた。

活動の内容

①校内活動

リボベジに基本データ収集、リボベジテラリウム作成、リボベジレシピ作成及び検証

②校外活動

小中学校での出前授業、地元公民館での講座、市役所との連携、各種イベント参加によるPR活動

③コンテスト参加など

  • OBS感謝祭フードスタジアムブース内
  • OBS感謝祭フードスタジアムブースにてリボベジクイズを出題
  • OBS感謝祭フードスタジアムブースにてリボベジテラリウム体験
  • 8/30放送分ミニ番組内にて、リボベジ研究会が活動をしている様子
  • 10/25放送分ミニ番組にて、小佐井小学校で体験授業をしている様子①
  • 10/25放送分ミニ番組にて、小佐井小学校で体験授業をしている様子②
  • 10/26放送分おはようナイスキャッチにてリボベジクッキングに挑戦している様子
  • 10/26放送分おはようナイスキャッチで完成した料理
  • 12/27放送分ミニ番組にて、丹生地区の公民館でリボベジ講座を開いている様子
  • 1/24放送分ミニ番組にて、坂ノ市中学校で出前授業をしている様子
活動の実施方法(実施場所、実施体制、スケジュール等)
内容 場所等
2015年8月 県食生活改善推進協議会とのレシピ検討会 大分県
アサヒビール「若武者育成塾」夏合宿参加 愛知県
OBSかぼすタイムにてリボベジの概要を説明 大分県
OBSリボベジミニ番組第1回分を収録 大分県
9月 OBS感謝祭にて3日間「リボベジテラリウム」ブース出展 大分県
OBS感謝祭SPにて生出演 大分県
リボベジチラシを地域に配布、リボベジクイズ作成 大分県
10月 基本データ収集 低炭素杯発表 大分県
リボベジチラシ配布 大分県
OBSリボベジミニ番組第2回分(小佐井小学校体験授業実施分)を収録 大分県
OBSおはようナイスキャッチ(リボベジクッキング①)を収録 大分県
11月 基本データ収集 地域バザー出展、地域公民館説明会 大分県
イオンエコワングランプリ九州ブロック大会発表 福岡県
大分市役所訪問 大分県
OBSイブニングニュースにて取材を受ける 大分県
OBSリボベジミニ番組第3回分(小佐井小学校の「ふれあいの集い」にてリボベジテラリウム体験イベント実施分)を収録 大分県
12月 OBSおはようナイスキャッチ(リボベジクッキング②)を収録 大分県
OBSリボベジミニ番組第4回分(丹生地区にて公民館でリボベジ講座実施分)を収録 大分県
イオンエコワングランプリ全国大会出場 東京都
アサヒビール「若武者育成塾」成果報告会 東京都
OBSリボベジミニ番組第5回分(坂ノ市中学校にて出前授業実施分)を収録 大分県
2016年1月 基本データ収集 レシピ検討会 大分県
リボベジマニュアルを大分市役所に設置 大分県
第3回 もったいない食品産業受賞 東京都
2月 第1回ユース環境活動発表大会 参加 東京都

メディアによる支援又は広報について(実績)

支援又は広報の方法(実施場所、実施体制、スケジュール等)

①特設HP開設

OBSHP上内で特設HPを開設。リボベジキャンペーンの実施内容などを掲示(7月末~2月末)

②自社制作番組「かぼすタイム」

毎週土曜09:25-11:25で放送している番組内においてリボベジキャンペーン活動
第1回(8/15放送分)はリボベジキャンペーンスタートと題してリボベジとは何かをリボベジ研究会の面々に教えてもらった。
第2回(9/19放送分)はOBS感謝祭SP内でリボベジブース出展の告知を実施。

③自社制作番組「おはようナイスキャッチ」

毎週月-金09:55-10:20で放送している番組内において、合計2回のリボベジクッキングコーナーを実施。
第1回(10/26放送分)、第2回(12/21放送分)ともにリボベジ研究会が開発したリボベジレシピをリボベジ研究会自身が調理し、露出。リボベジ野菜を使用して、育てることの楽しさと料理をすることのおいしさをPR。

④ローカルニュース番組「OBSイブニングニュース」

毎週月-金18:15-18:55で放送している番組内において、合計2回の特集コーナーを実施。
第1回(10/7放送分)では異常気象に大分県がどのように対応しているか、第2回(11/20放送分)ではリボベジキャンペーンを実施中の大分東高等学校の取り組みを取材。

⑤ミニ番組「リボベジって知ってますか?」

日曜11:40という視聴が高い時間帯に不定期でリボベジをテーマにしたミニ番組(3分)を合計5回放送。全放送分リボベジ研究会が出演
第1回(8/30放送分)はリボベジの概要をリボベジ研究会に説明してもらう。
第2回(10/2放送分)は小佐井小学校での体験授業の様子を放送。
第3回(11/22放送分)では、小佐井小学校のイベント内でリボベジテラリウムブースを出展した模様を放送。
第4回(12/27放送分)では丹生地区の公民館で地元住民の皆さんを招いてリボベジ講座を実施。
第5回(1/24放送分)では坂ノ市中学校へ出前授業を実施した様子を放送した。

⑥リボベジキャンペーンCM

→リボベジキャンペーンを実施中という内容の15秒CMを制作し、合計で60本のCMを放送。

⑦OBS感謝祭でのブース出展

→「第7回OBS感謝祭フードスタジアム」(9/19-9/21)にてリボベジブースを出展。リボベジテラリウムという小さなガラスの器の中でテラリウム感覚でリボベジが行えることを体験してもらい、さらに持ち帰ってもらうことで、リボベジの認知・実施促進を行った。

情報発信の対象

大分県民全体が対象。ただし、今回共同で事業を行ったリボベジ研究会が高校生という若者達だった為、より浸透性がはかれる子ども・若者に重点を置くターゲットとした。
ミニ番組内でも実施したように、小学校・中学校への体験授業などを通して直接的にリボベジという活動を訴えていった。
また、リボベジテラリウムの制作体験を行ったブース出展では、リボベジテラリウムを制作する際に使用する材料に、子どもが興味を持つようなカラフルなおはじきや、動物のアクセサリー、きらきら光るシールなどを採用し、子どもによりアピールできるようにした。

支援により期待される効果の具体的かつ定量的な評価方法及び、本支援事業を実施することで見込まれるCO2排出削減量の算定式

【評価方法】

大分県総世帯数×視聴率×認知率×行動喚起率×削減量=CO2排出削減量

【評価結果】

CO2排出削減量:120852.34kg-CO2 =120.9t-CO2

▼大分県総世帯数:486,035世帯

▼視聴率:35.2%
本事業で放送した番組・CMの内リボベジの周知&実施にまで内容が及んだものの合計

▼認知率:32.4%

▼行動喚起率:44.4%

▼削減量4.9104kg-CO2

連携事業実施における評価と課題

メディアの立場から見た評価と課題

今回の連携事業に対する評価と課題

今回の連携事業のメディアの支援、広報活動に関して工夫した点はどのようなことか。

今回の「リボベジ」という活動が比較的誰にでも簡単に行えるのに、これまで知名度があまりなかったという点に注目して、露出度を最大限に高めることに重点を置いた。OBSがもつ全ての番組(かぼすタイム・おはようナイスキャッチ・OBSイブニングニュース・ミニ番組)とCM(60本)を用いて広く大分県民に展開していった。
また、認知度を高めた後に、実際に実施にうつってもらうために、番組ではリボベジ野菜を使用したクッキングコーナーを展開し、イベントではリボベジを体験してもらった後にそのものを各家庭に持ち帰ってもらうようにした(421世帯【1,000人程度】)。

メディアとNPO、NGO 等民間団体が連携し、活動することによって、メディアにとってはどのような成果や効果が得られたと考えるか。また、課題や問題点としてどのようなことがあげられるか。

【成果、効果】

我々メディアは「認知」という行為を促すことに関してはアドバンテージを持っていると思うが、さらにその先の「行動」を喚起するには我々だけでは足りない部分が多々ある。
今回リボベジ研究会と連携することによって、彼らが実際に個々の人々にイベントや体験授業などを通して働きかけることを手助けし、強化することに協力することができ、より「行動」を促すことができたのではないかと思う。

【課題・問題点】

自走可能というポイントにおいて、これからもリボベジ研究会は人の入れ替わりがあったとしても活動を続けていくだろうし、今回の事業を経験することによってその活動はより大きなものになっていくと思うが、やはりそれだけで「リボベジ」が今後自走可能な活動としてやっていけるのかは少し難しいと思う。
これで終わりということにするのではなく、今後も継続してニュースや番組などで取り上げ続けていくという我々メディアの努力も必要になると思う。

今回の連携事業をふりかえって、メディアは連携したNPO、NGO 等民間団体をどう評価するか。連携してよかった点、課題・改善点としてどのようなことがあげられるか。

【評価、課題・問題点】

日々の部活動としてリボベジ活動をしているだけに、「リボベジ」というものに関しての探究心があり、今回はじめに計画していたもの以上の活動をしてくれた(大分市との連携など)。

今後の活動に対する期待、抱負

今後もメディアとNPO・NGO等民間団体が連携して活動を行う場合、どのようなことが期待できるか。
  • 知識・ノウハウの集積が期待できると思う。
  • 今回のような環境活動を実施する際に、我々メディア側はリボベジに対する知識が全くなかった。
  • また、団体側もメディアの内側に対する知識がなく、スケジュール感などがわかりにくかった。今回お互いにお互いの知識・ノウハウを集積することによって、活動のやりやすさにつながり、またそこからさらに全く新しい環境活動へのアプローチが可能になると思う。
今後もこのような連携事業を実施する意向や新たな展開の可能性はあるか。
  • 今回の連携事業は一般の視聴者だけでなく、OBS内でのリボベジの認知・理解も高めた。
  • 局内が一体となって事業を進めていく体制もできたので、今後も本事業に応募し続けるし、これまでOBSが実施していたような環境キャンペーン(川キャンペーンなど)を新たにはじめていく可能性もある。
今回の事業の成果や課題を踏まえ、これから活動を行うNPO、NGO 等民間団体及びメディアが参考にできる点や助言としてどのようなことがあげられるか。

【NPO・NGO等民間団体に対して】

必ずそれまでの活動をより大きなものにできる可能性があるものだと思う。なので、単に事業に沿って活動をしていくのではなく、逆に事業を利用していくぐらいの気持ちでのびのびやって欲しい。

【メディアに対して】

最初に主導をしていくのはメディアではあるが、あくまで本事業の主役となるのは民間団体である為、必要以上に民間団体と連絡を取り合いながら、その団体の意思や要望をくみ取りながらやらなければならないと思う。

NPO、NGO 等民間団体の立場から見た評価と課題

今回の連携事業に対する評価と課題

今回の連携事業のNPO、NGO 等民間団体の本体活動に関して、工夫した点はどのようなことか。

連携事業がはじまり、「高校生が小学生等に対して出前授業をする」ことが、リボベジ活動としても、若い世代間との交流としても重要だと思った。小学校との出前授業のお願いやスケジュール確認などを早急に行う必要があったので、校内の活動を重要視しつつも、どのようにしたら小学生に対してわかりやすく、かつ真剣に伝えることができるかを考えながら実施した。

メディアとNPO、NGO 等民間団体が連携し、活動することによって、NPO、NGO等民間団体にとってはどのような成果や効果が得られたと考えるか。また、課題や問題点としてどのようなことがあげられるか。

【成果、効果】

本校農業科のPR活動に大きく貢献できたことと、リボベジ研究会が目的としているリボベジを多くの人に知ってもらいPRしたいとの目的に対して本事業が大きく効果があったと思われる。
ミニ番組や情報番組が放映される度に地域の反応も大きく、リボベジ=エコ活動が浸透していったと感じる。
また、多くのコンテスト等に参加し、本事業の連携が大きなインパクトを与え、数々の受賞歴につながったと思われる。

【課題・問題点】

ミニ番組の中で体験授業をしていく中でのスケジュール調整が大変だった。本年度は例年以上に様々な活動を行っていたが、市役所との連携をはかりながら、中学校で出前授業を行ったときが一番苦労した。

今回の連携事業をふりかえって、NPO、NGO 等民間団体は連携したメディアをどう評価するか。連携してよかった点、課題・改善点としてどのようなことがあげられるか。

【評価、課題・問題点】

多くの配慮をいただき大変良い体験とさせていただいた。対象者が高校生と言うこともあり、学校の活性化となり、高校生自身にとっても大きな自信となったと感じる。また、高校生ということもあり授業等に支障がないように配慮いただき助かった。

今後の活動に対する期待、抱負

今後もメディアとNPO・NGO等民間団体が連携して活動を行う場合、どのようなことが期待できるか。

環境保全活動やエコ活動は地道で年数のかかるものがほとんどであり、成果が出ることに時間がかかることが多い。メディアという媒体を通じて活動が外部に発信されることで活動者自身の自信につながり、さらに継続性の強化にもつながると思われる。

今後もこのような連携事業を実施する意向や新たな展開の可能性はあるか。

特に学校単位での活動は活動時間、時期等が限られているため、連携事業による実施は活動そのもののPRはもちろんのこと、学校や地域の活性化に大きく寄与していると考えられる。

今回の事業の成果や課題を踏まえ、これから活動を行うNPO、NGO 等民間団体及びメディアが参考にできる点や助言としてどのようなことがあげられるか。

【NPO・NGO等民間団体に対して】

地域等で地道に取り組んでいる活動をPRする絶好のチャンスになると思う。メディアとの連携を密にしてさらに活動が活性化できるように取り組んでほしい。

【メディアに対して】

計画と実施に対して軌道修正が必要になってくる場合があると思うが、事業が進行する中で密に話し合いの場を持って柔軟に軌道修正していければ良い。