NPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業 民間団体とメディアの連携を応援!

平成27年度採択案件

子どもから拡げる
『エコレンジャー』プロジェクト

メディア名:株式会社エフエムきらら

メディアは、「宇部市地球温暖化対策ネットワーク」が新たに実施した子供向けの環境教育プログラムである「エコレンジャー制度」の認知度向上と参加の呼びかけ、活動の発信等を行った。エコレンジャー制度とは、宇部市内の子供から「エコレンジャー」を募集し、各家庭で3ヶ月間省エネにチャレンジしてもらい、取組み効果の把握と発表、特に頑張ったエコレンジャーの表彰等を行うものである。
具体的には、ラジオ番組内でのエコレンジャーへの参加呼びかけ、エコレンジャーとその家族の出演による活動紹介の他、学童保育や市が開催するイベントでの制度の紹介等を行い、エコレンジャー制度を大きなムーブメントへと成長させることを目指した。

NPO・NGO等民間団体による今回の申請に係る活動について(実績)

活動の目的(背景、動機)

UNCCAは学童を対象とする環境・省エネ教育を継続的に行っている。その内容は各回少人数を対象にした座学を中心とするものなのでその効果については多くを期待できるものではない。今回のエコレンジャープロジェクトは3カ月間に亘り多くの家庭においてエコレンジャーとなった子どもを中心としてより具体的な形で省エネ活動の実践を一斉に行う。活動後、頑張った隊員を表彰し、その効果を隊員に示す事により子どもへ省エネ行動の価値を意識付け、家庭での継続的な活動として根付かせることを目的とした。

活動の内容

①エコレンジャー隊員の募集
②隊員による省エネチェックシートの記入と提出(3回)
③3カ月間の電気検針票の提出
④エフエムきらら放送「エコキッズアワー」への出演と省エネ活動の呼掛け
⑤イベントにおけるエコレンジャー活動
⑥活動結果のまとめと活動報告会の開催

  • 「ソーラーカー工作教室」夏休みイベント
  • 「夏休みエコ学習」市内各学童保育で実施
  • 「夏休みエコ学習in山口宇部空港」
  • 「ごきげん未来フェスタ2015」エコ宣言
  • 「第64回宇部まつり」兄弟仲良くエコ宣言
  • 「エコキッズアワー」毎週、隊員が出演
  • 「サテライト放送」イベント会場から生放送
  • 「ラジオリポート」隊員に直撃取材
  • 「優秀隊員表彰式」各賞に13家族が受賞
  • 「エコレンジャー活動報告会」記念撮影
活動の実施方法(実施場所、実施体制、スケジュール等)

①エコレンジャー隊員の募集

○UNCCA環境教育活動の一環として呼掛け(17回)
実施場所:各小学校、各学童保育クラブ、宇部市立図書館、勤労青少年会館他
実施体制:UNCCAスタッフ、エフエムきららスタッフ、ボランティア
スケジュール:2015年7月初め~8月末
関係自治体との連携:宇部市社会福祉協議会、宇部市環境政策課

○ポスター700枚、ちらし5,000枚の配布
実施場所:公共施設・学童保育・ふれあいセンター・Club Kirara加盟店・病院・商店街等市内400カ所他 山陽小野田市・山口市・防府市各所
実施体制:UNCCAスタッフ、エフエムきらら
スケジュール:2015年7月初め~8月末
関係自治体との連携:宇部市環境政策課

②隊員による省エネチェックシートの記入と提出(3回)

③3カ月間の電気検針票の提出

実施場所:エコレンジャー隊員各家庭、UNCCA事務所、エフエムきらら事務所
実施体制:隊員、UNCCAスタッフ、エフエムきららスタッフ
スケジュール:2015年7月中旬~11月末

④エフエムきらら放送「エコキッズアワー」への出演と省エネ活動の呼掛け

実施場所:エフエムきららスタジオ
実施体制:隊員、UNCCAスタッフ、エフエムきららスタッフ
スケジュール:9月5日~11月28日(計16回)

⑤イベントにおけるエコレンジャー活動

○ごきげん未来フェスタ
実施場所:宇部市ときわ湖水ホール
実施体制:UNCCAスタッフ、エフエムきららスタッフ、ボランティア
スケジュール:2015年10月25日9:00~15:00
関係自治体との連携:宇部市環境政策課

○宇部まつり
実施場所:宇部まつり会場(西日本シティ銀行前)
実施体制:UNCCAスタッフ、エフエムきららスタッフ
スケジュール:2015年11月1日10:00~15:00
関係自治体との関係:宇部市環境政策課

⑥活動結果のまとめと活動報告会の開催

実施場所:宇部市立図書館
実施体制:隊員及びその家族、UNCCAスタッフ、エフエムきららスタッフ
スケジュール:2016年1月23日10:00~12:00
関係自治体との連携:宇部市環境政策課

メディアによる支援又は広報について(実績)

支援又は広報の方法(実施場所、実施体制、スケジュール等)

宇部市地球温暖化対策ネットワーク(UNCCA)が、学校行事、イベント等において個別の企画として実施してきた”子ども向けの環境教育”を、「エコレンジャー」という称号で一連の学びの場を設定することにより、子どもを含むファミリー向けに身近な省エネを題材とした環境教育を提供した。FMきららは、「エコレンジャー」の認知度の向上とUNCCAが取り組む環境教育の広報のために、ラジオ放送、Web動画発信、チラシやポスター配布を行い後方支援した。学童保育、宇部まつり、ごきげん未来フェスタ等の市が主催するイベントでの環境教育の場を利用し、自治体(宇部市)と近隣コミュニティFM放送局、報道との連携体制も図った。具体的な実施内容は以下の通り。

①『エコレンジャー』参加を促すラジオ放送、チラシやポスターの作成・配布

参加しやすいエコということで、UNCCAが企画した『エコレンジャー制度』。 この企画は、参加を促す広報が決め手になる。そこで、企画内容を生コメントで発信するインフォマーシャルを実施。多くのリスナーにヒットし、100名の参加者募集に対して、138名の子ども達がエコレンジャーに登録した。
また、チラシ、ポスターは、FMきららのキャラクター、きらゴンを、エコレンジャー仕様にし、展開した。チラシは5,000枚、ポスターは700枚制作した。チラシ、ポスターは、宇部市、宇部市教育委員会に後援を受け、教育委員会等を通じて小・中学校、その他公共施設・学童保育・ふれあいセンター・Club Kirara加盟店・病院・商店街等市内400カ所他 山陽小野田市・山口市・防府市各所へ配布した。

②番組展開

『エコレンジャー』とそのファミリーのラジオ出演
エコレンジャーに登録したファミリーが、FMきららに出演して活動状況を報告するというオリジナル55分番組「エコKidsアワー」を企画。近隣エリアのFM放送局と連携し、各16回放送した。出演者は活動内容、省エネ実績などの報告、リスナーへ啓発を促した。また、FMきららパーソナリティが宣言家庭を訪問し、追跡調査、実況放送した。

③学童保育場での環境に関するクイズ・体験による学習の広報支援

宇部市内11ヵ所の学童保育の場で、省エネ体験やクイズ参加で、楽しく“節電・省エネ”を学べる場をUNCCAが実施。FMきららは、学童保育に出向き、子ども達にリポート生中継に出演してもらい広報支援を行った。リポート生中継は10回放送した。学童保育全体で「エコレンジャー」としての登録もあり、事業の成果があった。また、家庭で省エネが話題にでるようなクイズや体験会も開催し、ラジオでもこの様子を放送した。

④イベント等での学習の場の実況中継、広報支援

市が主催・後援する宇部まつり、ごきげん未来フェスタ等のイベントにおいてUNCCAが子ども向け環境学習を行った。会場では『エコレンジャー制度』の紹介、またエコレンジャーとその家族が節電・省エネの提案を行ったほか、自分たちの活動を報告。会場からサテライト放送をし、イベントに遊びに来たエコレンジャー隊員、家族に出演してもらい、家庭で実践しているエコやエコレンジャーの活動を報告してもらった。サテライト放送は2回放送した。

⑤節電のインフォマーシャル(生コメント案内)の放送

ひとりでも多くの人に節電を呼び掛けて実行してもらう。そのためにはどんなことを、どれくらいしたらいいのかの目安を案内する必要がある。そして繰り返し伝える必要がある。FMきららがよく言っているので、ちょっとやってみるか?!そんなちょっとが、「Fun to Share」。
具体的に、夏は「エアコンの温度を1度下げましょう」冬は「羽織るものを用意しましょう」夕方には、「テレビを10分消してみませんか?」朝には、「早起きをすると節電につながります」など、これならできるエコを放送。
また番組内では情報として「Fun to Share」「COOL BIZ」など季節や時間に沿った話や、節電をPRしていくことにより、リスナーにたのしいエコを発信した。FMサンサンきらら、FMわっしょいと連携し、計1,420回放送した。

⑥動画コンテンツ配信による環境意識の喚起、UNCCAの提供する学習の場への参加促進

学童保育、イベント等で実施する環境学習の一部を動画コンテンツ化し、FMきららホームページで配信。このことにより自宅で家族とともに省エネについて学べる環境を提供した。また、情報誌「club Kirara マガジン」に情報を2回掲載し、環境意識を喚起し、UNCCAが提供するリアルな学習の場への参加を促した。

⑦取組のエリア拡大に向けた近隣(山陽小野田・防府等)のコミュニティFM放送局との連携

コミュニティFM放送局であるFMきららはエリアが限定されている。この課題を隣接する地域のコミュニティFM放送局、山陽小野田市FMサンサンきらら、防府市FMわっしょいと連携することで参加者増、告知増を図った。

情報発信の対象

宇部市及び近隣市の子ども及び保護者、ラジオリスナー。

支援により期待される効果の具体的かつ定量的な評価方法及び、本支援事業を実施することで見込まれるCO2排出削減量の算定式

【評価方法】

[A]=[エコレンジャーによるCO2排出削減量]

={ [節電・省エネの取組による平均排出削減量:12.1kg-CO2/世帯・月]※1 + [エコドライブ推進の取組による平均排出削減量:34.7kg-CO2/世帯・月] ※2}×[取組実施期間:3か月]×[エコレンジャー参加世帯数:110世帯]=15.44t-CO2

※1:取組期間および前年同時期の電気の検針票をもとに算出
※2:エコドライブチェックシートの回答をもとに算出

[B]=[ラジオ番組、イベント開催等によるエコレンジャー以外のCO2排出削減量]

=[地域の大規模イベント(宇部まつり)参加者数:21万8千人]÷[世帯平均人数:2.51人]※3×[エコレンジャーの認知度:23%]※4×[行動喚起率:1%]※5×[エコレンジャー以外の平均排出削減量:23.4kg-CO2/世帯・月]※6×[取組実施期間:3か月]=1.4023t-CO2

※3:宇部市の世帯平均人数
※4:アンケート調査結果で把握
※5:1%と想定
※6:エコレンジャーの削減量の1/2と想定

【評価結果】

[A]=[エコレンジャーによるCO2排出削減量]=15.4t-CO2
[B]=[ラジオ番組、イベント開催等によるエコレンジャー以外のCO2排出削減量]=1.4t-CO2
[A]+[B]=16.8t-CO2

連携事業実施における評価と課題

メディアの立場から見た評価と課題

今回の連携事業に対する評価と課題

今回の連携事業のメディアの支援、広報活動に関して工夫した点はどのようなことか。

地球温暖化のことは誰もが知っている。エコしなければならないことも理解はしている。しかし、具体的に何をどうすればいいかが理解されておらず、エコというと、どうもハードルが高い印象がある。さらに言えば無理をしなければならないイメージがあり、「分かっちゃいるけど・・・」で、具体的には実行していないということが多い。そこで、誰でもできるエコをイメージさせるため、「エコレンジャー」という子どもから大人までが取り組めそうなキーワードで連携事業を展開した。
また、FMきららのキャラクター「きらゴン」を、エコレンジャー仕様にした。このきらゴンエコレンジャーをポスター・チラシ・ホームページ・イベント等で使用しエコレンジャーの事業の分かりやすい認知を図った。
ラジオ放送では、あらゆる時間帯に「エコレンジャー」「Fun to Share」を繰り返し放送し、世代を超えて広くPRした。
宇部市周辺エリアへの情報発信を図るため、山陽小野田市や防府市のコミュニティ放送局と連携を行った。

メディアとNPO、NGO 等民間団体が連携し、活動することによって、メディアにとってはどのような成果や効果が得られたと考えるか。また、課題や問題点としてどのようなことがあげられるか。

【成果、効果】

NPO法人に限らず、様々な団体の活動はコミュニケーション戦略構築が難しい。どんなに優れた活動も知られなければ、ないのと同じである。とは言え、コミュニケーション戦略を充実させるにはコストがかかる。
宇部地球温暖化防止対策ネットワーク(UNCCA)の様々な活動も知ってはおり、できるだけの協力を行ってきたが、戦略的に展開することはなかった。今回の展開が期待する効果をあげたことは言うまでもないが、なにより、この展開によって、リスナーに一定の意識が生まれたことが大きい。加えてこの活動によって、FMきららのパーソナリティのエコの意識がこれまで以上に高まり、折に触れてエコをテーマにしたトークを行い始めたことが大きい。
このことは、今回のエコキャンペーンが単なるイベントとして、一過性に終わらなかったことを意味する。パーソナリティが身近なエコ「Fun to Share」を語ることで、今後継続的なエコ啓発ができる。このことが最大の成果だった。同様に「エコレンジャー」としてこの展開にかかわった子どもたち、保護者が継続してエコを推奨してくれると期待できる。

【課題・問題点】

NPO・NGO法人には広報予算をほとんど持たない団体が多く、どんなに優れた企画でも周知させることが困難で、幅広い展開ができないでいる。今回、NPO法人の企画がコミュニケーション戦略を展開することで、幅広く市民を巻き込んでいけることが分かった。
地球温暖化対策は全世界的に取り組むテーマであり、こうした課題に取り組むコミュニケーション戦略をどう構築していくかが課題となるが、やはりカギとなるのがメディア戦略であり、それを展開するにはコストがかかる。今回は、国の連携支援事業費によりたくさんの子どもや大人が参加でき効果も上がったが、今後も継続的な温暖化対策などは地道に啓発を行う事により効果が期待される。継続的に事業を行うための広報予算をどう確保するかが、今後の課題である。

今回の連携事業をふりかえって、メディアは連携したNPO、NGO 等民間団体をどう評価するか。連携してよかった点、課題・改善点としてどのようなことがあげられるか。

【評価、課題・問題点】

  • これまでもUNCCAとは、共同イベントを開催しており、良好な関係にある。NPO法人にもいろいろあり、疑問を感じるものもあるが、UNCCAは地味ではあるが着実な活動を行っており、高く評価している。
  • 今回の事業の推進もUNCCAあってのものだといえる。
  • FMきららはこれまでもUNCCAイベントにも参加しており、コミュニケーションがとりやすく事業も順調に進んだ。連携することにより、UNCCA専門知識は、パーソナリティの学習の場ともなった。今後FMきららがUNCCAをどう支援できるかが喫緊の課題だと思う。

今後の活動に対する期待、抱負

今後もメディアとNPO・NGO等民間団体が連携して活動を行う場合、どのようなことが期待できるか。

UNCCAと連携することにより、専門的な環境知識を、多くのリスナーに届けることができる。
これまではUNCCAの活動をFMきららが支援する、共同で実施するという関係だったが、コミュニケーション戦略の専門家として、分かりやすい、参加しやすいをCONCEPTにFMきららからの提案を行い、UNCCAの活動を支援したい。

今後もこのような連携事業を実施する意向や新たな展開の可能性はあるか。

報告会に参加したエコレンジャー隊員や保護者から来年度のエコレンジャー事業についても尋ねられた。多くの隊員は継続的に参加することを望んでいるが、主催者としてはどのように継続するかは決まっていない。
また、登録隊員のほとんどは、UNCCAやFMきららのイベントに対して連絡しても良いと回答しており、単発なものではなく、継続的な事業になるよう企画したい。

今回の事業の成果や課題を踏まえ、これから活動を行うNPO、NGO 等民間団体及びメディアが参考にできる点や助言としてどのようなことがあげられるか。

【NPO・NGO等民間団体に対して】

今回の提携相手であるUNCCAとは本提携事業前から緊密な関係にあり、スムーズに提携事業に入れた。
提携事業期間中も毎週1回のミーティングを欠かさず開き、なすべき事の確認等行った。
お互いのできる事の確認、事業の方向性や進行状況、継続的なコミュニケーションの実施を重視し、専門家、メディアとしての得意分野の意見を出し合うことが重要。

【メディアに対して】

連携事業以外のNPO,NGO等の民間団体の活動に積極的に参加し、情報を持っていることが大切。その活動に対しメディアの視点でアドバイスし提案する。民間団体活動の活性化に寄与すると共に緊密な連携関係構築に繋がる。

NPO、NGO 等民間団体の立場から見た評価と課題

今回の連携事業に対する評価と課題

今回の連携事業のNPO、NGO 等民間団体の本体活動に関して、工夫した点はどのようなことか。

宇部市地球温暖化ネットワーク(以下UNCCA)の本来の活動である学童向け省エネ教育教室及びエコトランク学習教室において、連携パートナーであるエフエムきららにも参加して貰い、隊員募集を行ったが、更にボランティアスタッフとしても活動して貰った。これにより子どもたちがメディアをより身近な存在として認知してくれる事を期待した。又隊員出演番組「エコキッズアワー」において上記UNCCA活動イベントの開催通知を番組の中で行い、広く参加を呼び掛けた。

メディアとNPO、NGO 等民間団体が連携し、活動することによって、NPO、NGO等民間団体にとってはどのような成果や効果が得られたと考えるか。また、課題や問題点としてどのようなことがあげられるか。

【成果、効果】

市民のUNCCAの存在及び活動に対する認知度が確実に上がったと考えられる。UNCCAスタッフが出演した番組の聴視者からの反応がUNCCAにも伝わって来るようになった。

【課題・問題点】

特に無し。

今回の連携事業をふりかえって、NPO、NGO 等民間団体は連携したメディアをどう評価するか。連携してよかった点、課題・改善点としてどのようなことがあげられるか。

【評価、課題・問題点】

(良かった点)
エフエムきららはUNCCAの活動に積極的に参加してくれており、隊員募集に大いに貢献した。予定以上の隊員加入があったのはその効果である。その後の連携事業においても隊員とのコミュニケーションに尽力し、隊員活動の促進もできたと考える。
(課題)
隊員とのコミュニケーションにおいてメディアの性質上どうしても一方向の形になり、隊員からの意見や隊員の動向を汲み取り難い状況が見られた。所謂スムーズな双方向コミュニケーションを如何に実現するかが課題と思える。

今後の活動に対する期待、抱負

今後もメディアとNPO・NGO等民間団体が連携して活動を行う場合、どのようなことが期待できるか。

メディアを通じてUNCCAの活動を広く知らしめる事ができると言う期待度が最も大きい。又UNCCAの活動イベントにおいてメディアが持つ運営ノウハウはイベントの活性化に大いに役立つと思う。

今後もこのような連携事業を実施する意向や新たな展開の可能性はあるか。

今回の連携事業については単発的なものでなく継続を望む声が多く、何らかの形で再度実施したい。隊員登録し、積極的に活動した隊員はそれなりにポテンシャルが高くなっており新たな企画にも積極的に取り組んでくれると確信する。

今回の事業の成果や課題を踏まえ、これから活動を行うNPO、NGO 等民間団体及びメディアが参考にできる点や助言としてどのようなことがあげられるか。

【NPO・NGO等民間団体に対して】

メディアとのしっかりとした関係構築が最も重要。今回の提携相手あるエフエムきららとは本提携事業前から緊密な関係にあり、スムーズに提携事業に入れた。提携事業期間中も毎週1回のミーティングを欠かさず開き、なすべき事の確認等行ったが継続的なコミュニケーションの実施も重要。

【メディアに対して】

連携事業以外のNPO,NGO等の民間団体の活動に積極的に参加し、その活動に対しメディアの視点でアドバイスあるいは新提案等をすると良い。民間団体活動の活性化に寄与すると共に緊密な連携関係構築に繋がる。