窓や玄関などの建材メーカーであるYKK APは、「小エネ(ローエネ)で、暮らそう。」をコンセプトに、様々な環境配慮型商品を開発しています。我慢をして「家庭のエネルギー消費量を削減」するのではなく、「自然の力を上手に利用しながら、小さなエネルギーで快適に暮らす」を提案しています。

「小エネ(ローエネ)な暮らしに、最も貢献できる建材は窓です」と、商品企画部窓・住宅商品企画グループの山田司 窓商品企画室長。「窓は熱の出入りが一番多い場所。窓の断熱性を高めれば、エアコンのエネルギーを節約し、CO2排出量の削減に貢献できます」
一般的なアルミサッシの窓の場合、夏は屋内に流入する熱の73%、冬は屋外へ流出する熱の58%が窓から出入りします。また、冬はエアコンを点けているのに足下が冷えることがよくありますが、これは冷たい窓により室内の空気が冷やされて下降し、足下にたまっていく「コールドドラフト」と呼ばれる現象のため。足下が寒いために、ついエアコンの設定温度を上げてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?
「窓からの熱の出入りは、熱を伝導しやすいアルミフレームの影響も大きいのです。アルミは、寒いときは冷たく、暑いときは熱くなりますよね。しかし、フレームをアルミから樹脂製に変えるだけで、熱の出入りを抑え、冷暖房のエネルギーを節約することができます。例えば、フライパンや鍋の取っ手は樹脂で覆われていることが多いですが、熱を伝えにくい樹脂の性質を利用しているのです。弊社では、小エネ(ローエネ)を実現するために、樹脂窓を積極的に提案しています」(山田室長)

<「小エネ(ローエネ)な暮らし」を実現する商品を開発し、提案する商品企画部窓・住宅商品企画グループの山田司 窓商品企画室長と、商品企画部販促支援室の渡辺賢哉課長。>

YKK APでは、2010年に樹脂窓のスタンダード商品として、[樹脂]+[Low-E複層ガラス]の「APW 330」を発売。さらに2014年4月には、世界トップクラスの断熱性能を持つ[樹脂]+[ダブルLow-Eトリプルガラス]の「APW 430」を発売しました。「APW 430」は、窓からの熱損失をアルミ窓の57%から27%までに低減。熱損失の低減に加えて、「窓の表面温度がアルミ窓ほど下がらないので、窓と室内の温度差で水滴が付く結露も防ぐことができます。結露によるカビを抑え、家にも人にも優しい住まいになります。また、断熱性能が高いことは保温効果が高いことにもつながり、エネルギー削減だけでなく寒さによる風邪予防にも有効です。部屋間の温度差が少なくなり、急激な温度変化により起こると言われているヒートショックも防ぎ、健康に良いんですよ」(山田室長)
樹脂窓は1980年代から発売されていましたが、寒さの厳しい北海道などで主に販売されてきました。北海道の家は断熱性能が高くて暖かい、と言われますが、これは樹脂窓によるところが大きいとのこと。以前の樹脂窓は重く、ゴツゴツしたものだったので、窓を頻繁に開け閉めして風を通す文化のある地域にはなじみにくいものでしたが、技術の進歩で断熱性能はキープしたままスリムな形状を実現しました。
商品企画部販促支援室の渡辺賢哉課長は、「アルミよりも樹脂は弱いイメージがありますが、技術の進歩により都市部の住宅密集地での防火基準をクリアできるようになりました。日本の防火基準は非常に厳しいのですが、これで大きな市場である都市部で積極的に樹脂窓をオススメできるようになったのです」と力を込めます。「大掛かりなイメージがある窓のリフォームですが、壁を壊さずにできるので、半日もあれば十分です。現状では樹脂窓の市場は日本全体の窓市場の10%にも満たない状況ですが(【参考:世界の樹脂窓普及率】アメリカ67%・ドイツ60%・中国22%・日本7%)、YKK APとしては、この比率を30%まで高め、日本の標準になるように活動していきます」

<[樹脂]+[ダブルLow-Eトリプルガラス]で世界トップクラスの断熱性能を持つAPW 430。スリムな形状で、スタイリッシュな部屋にもピッタリです>

YKK APは、他にも自然の恵みを取り入れて「小エネ(ローエネ)」で暮らす商品を提案しています。例えば、風を取り入れるために窓を開けて、虫除けのために網戸だけにしている方も多いと思いますが、網戸は意外にも通風性の妨げになるそうです。「1本1本を織り込んで完成させる従来の標準ネットは、表面が凹凸でホコリがつきやすく、開放感が感じられないのですが、「クリアネット」は糸の線径が従来品より約2割細くなり、そのことで爽やかな風が7割以上も通過し、さらに防虫性も向上、表面の凹凸も小さくお手入れが簡単なのです。なんといっても眺望性に優れ、開放感が生まれるのです」(渡辺課長)

<従来の網戸と比べると、クリアネット網戸の視界の良さは歴然!風の通りも良くなります>

他にも、夏の日射熱の侵入を妨げる洋風すだれ「アウターシェード」や、陽射しをカットするオーニングの「サンブレロ」、風の行き止まりになりがちな玄関に通り道を作り家全体の通風性を高める「通風ドア」、採光効果3倍と換気量約4倍の効果がある「天窓」など、エアコンなどのエネルギーに依存することなく快適に暮らせる商品をラインナップしています。
「自然の恵みを取り入れ、快適に過ごす暮らし方は、日本の伝統的な住まいから学ぶことが多くあります。小エネ(ローエネ)な暮らしは、冬のヒートショックを防ぐだけでなく、夏はエアコン負けを防ぎ、さらに自然光を取り入れれば体内時計正常化につながり、身体に良いこと尽くめ。健康的で活き活きとした暮らしのために、今後も技術開発を進め、様々な商品を提案していきたいと考えています」(山田室長)

<日射熱の侵入を妨げる洋風すだれ「アウターシェード」(左)、陽射しをカットするオーニングの「サンブレロ」など、小エネ(ローエネ)でも快適に暮らせる商品をラインナップ。>

YKK APが全国各地で開設しているショールームや展示場では、樹脂窓とアルミ窓の温度差を体感できる展示があるところも。実際に手をかざすと、アルミ窓のひんやりした感触と、樹脂窓の室温とほとんど変わらない温かな感触の違いに驚きます!他にも「小エネ(ローエネ)」を実現し、CO2排出量を削減する商品が多く展示されているので、ぜひ足を運んでみてください。自然の恵みを取り入れ、低炭素社会づくりにつながる知恵と技術に驚くこと、間違いなしです!


YKK APのFun to Share宣言はこちら

一覧を見る