9月27日(土)・28日(日)の2日間にわたって、東京都練馬区の光が丘公園で開催された「ロハスフェスタ」。フードブースでは、マイ食器やリユース食器を使って来場者はおいしい料理を楽しんでいましたが、後片付けもロハスフェスタならではの取組が行われていました!

■食器を洗える「エコステーション」登場!

おいしいスローフードに舌鼓を打った後は「エコステーション」へ。徹底したゴミの分別を行い、マイ食器を洗ったり、リユース食器を洗って戻すスポットです。
100円で借りたリユース食器は、ここで戻せば50円払戻しされます。また、洗い場にはアクリル毛糸で作った手編みのエコたわしが設置され、洗剤を使わなくてもキレイに洗うことができます!少量の水で洗剤を使わない食器洗いを体験した来場者からは「こんなにキレイになるなんて驚きです!」との声が挙がっていました。

<水色の看板で、会場でもひと際目立っていました!>

<手書きのポップな看板。楽しく分別・食器洗いができそう!>

<ボランティアの方が丁寧に分別方法を教えてくれます>

<洗い場にはエコタワシ。洗剤がなくてもキレイに洗えます!>

 

■バイオディーゼル燃料で発電してます!

会場で使われている電気の一部は、バイオディーゼル燃料で発電されています。バイオディーゼル燃料とは、菜種油やひまわり油などの植物由来の油や、てんぷら油などの廃食用油からつくられる燃料のこと。廃油を活用できることに加え、食用廃油に含まれるCO2は、食用油の原料である大豆や菜種などの植物が大気中から吸収したものなので、燃焼によってCO2を排出しても、大気中のCO2総量が増えないとされています。
バイオディーゼル燃料の発電機は、来場者に広く知ってもらおうと大きな看板でアピールされていました!

<ただいま発電中!エコな燃料をアピール中です>

 

ロハスフェスタは、11月1日(土)~3日(月・祝)の3日間、大阪の万博記念公園でも開催されます。関西方面の方はぜひお出かけください!

 

『ロハスフェスタ』についてはこちら

 

一覧を見る