スーパークールビズ(6月1日~9月30日)スタート日の6月1日(月)に東京でスーパークールビズ2015キックオフ・イベント「COOLBIZ NEXT」が開催されたのを皮切りに、大阪市、仙台市、名古屋市、北九州市、広島市で開催されました。各会場では石破茂地方創生大臣、小池百合子クールビズプロモーション協議会名誉会長からのメッセージが紹介され、各エリアの百貨店によるスーパークールビズファッションショーでは、今年の「NEXT」のポイントである「テクノロジー」「スポーツ」「地方創生メイド・イン・ジャパン」のキーワードを取り入れたスタイルが、地域の特色を交えながら提案されました。また、元サッカー選手や地域ゆかりのゲストを招き、トークショーやクイズ大会を実施。広くスーパークールビズを呼びかけるイベントとなりました!

<大阪(左)/仙台(中)/名古屋(右)>

<北九州(左)/広島(右)>

近江の伝統織物「近江ちぢみ」もクールビズ素材に!
キックオフイベント in 大阪

■開催日:6月2日(火)
■会場:髙島屋大阪店
■参加百貨店:株式会社近鉄百貨店、株式会社京阪百貨店、株式会社そごう・西武、株式会社大丸松坂屋百貨店、株式会社髙島屋、株式会社阪急阪神百貨店、株式会社藤井大丸

環境省近畿地方環境事務所の秀田智彦所長の挨拶に続き、会場代表者として株式会社髙島屋大阪店執行役員の栗野光章大阪店店長にご挨拶いただきました。

関西地区の百貨店7社によるスーパークールビズファッションショーは、体温調節機能素材や接触冷感機能のある素材のジャケットや、吸水速乾性の高い素材のインナーなど、テクノロジー素材を使ったスタイルが次々と登場。アメリカのビジネスマンの間で夏の定番素材となっている「シアサッカー」、吸放湿性がありシルクのような光沢が美しい「キュプラ」など、注目素材のスタイルも提案されました。近江の伝統織物である「近江ちぢみ」をベースに、最新の特殊加工を施したオリジナル素材のジャケットも注目を集めていました。

ゲストとして、元日本代表選手であり、現在はサッカー解説者として活躍中の福田正博さんが登場しました。福田さんは、テクノロジーが進化したことにより、福田さんが現役時代のユニフォームと、現在のユニフォームでは吸水速乾性や動きやすさが違うことを指摘。また、全国理容生活衛生同業組合連合会の取組として「髪を1センチ短くして、体感温度を1度下げる。」をキャッチフレーズにクールビズヘアの普及推進を進めていることが紹介されると、「昔は長髪が多かったけど、宇佐見選手、武藤選手など、今の若手の注目選手はショートカットが増えていますね。今の選手はクールビズカットですね!」と笑いを交えながら、クールビズヘアをアピールしていただきました。

<秀田智彦所長(左)/栗野光章大阪店店長(中)/元日本代表・福田正博さん(右)>

<近江ちぢみをベースにした素材を使ったジャケット(左)/夏の定番素材シアサッカーを使ったジャケット。
着心地がとっても軽い!(中)/吸放湿性にすぐれた注目素材「キュプラ」のオールインワン(右)>

天然素材を使ったアイテムが次々と登場!
キックオフイベントin 仙台

■開催日: 6月3日(水)
■会場:仙台三越
■参加百貨店:株式会社うすい百貨店、株式会社エマルシェ、株式会社川徳、株式会社さくら野百貨店、株式会社仙台三越、株式会社中合、株式会社藤崎

環境省東北地方環境事務所の坂川勉所長の挨拶に続き、宮城県環境生活部の山本雅伸次長より東北地区での具体的な取組が紹介されました。また、会場代表者として株式会社仙台三越の渡辺憲一代表取締役社長よりご挨拶いただきました。

東北地区の百貨店7社によるスーパークールビズファッションショーでは、遊び心を取り入れたファッション性の高い、見た目も着心地もさわやかなスタイルが多く提案されました。また、天然素材を使ったアイテムの提案もあり、肌触りが良く、ひんやりと感じられる天然素材のリネン、撚りや糸を進化させて冷感があるウールなど、上質な着心地と快適性を両立させたアイテムが紹介されていました。

ゲストトークには、地元のJリーグチーム「ベガルタ仙台」で活躍し、ミスターベガルタの異名を持つ千葉直樹さんが登場。間もなく始まる女子ワールドカップや、男子ワールドカップ2次予選の話題を絡めながら、ユニフォーム素材の機能進化やサッカー選手の涼しげなスタイルなどの話題で盛り上がりました!

<左から、坂川勉所長、山本雅伸次長、渡辺憲一代表取締役社長。/
ミスターベガルタの異名を持つ千葉直樹さんも登場!(右)>

<肌触りが良く、ひんやりと感じられる天然素材のリネンを使ったスタイル(左、中)/
冷感があるウールのジャケットは、上質な着心地と快適性を両立!(右)>

大垣市の熟練職人が作った柿渋染めクラッチバッグの提案も
キックオフイベント in 名古屋

■開催日: 6月4日(木)
■会場:名古屋三越
■参加百貨店:株式会社金沢名鉄丸越百貨店、株式会社ジェイアール東海髙島屋、株式会社大丸松坂屋百貨店、株式会社津松菱、株式会社名古屋三越、株式会社ほの国百貨店、株式会社丸榮、株式会社名鉄百貨店、株式会社ヤナゲン

環境省中部地方環境事務所の池田善一所長の挨拶に続き、会場代表者として株式会社名古屋三越の松下恒久常務取締役よりご挨拶いただきました。

東海地区の百貨店9社によるスーパークールビズファッションショーでは、ビジネスシーンでの“きちんと感”を大切にしながらも、見た目に涼しげで着心地と機能性を追求したスタイルが提案されました。麻や綿など清涼感のある天然素材を使ったアイテムが多く紹介され、岐阜県大垣市で作られた柿渋染めのクラッチバッグなど、熟練職人が作った「メイド・イン・ジャパン商材」の提案もありました。

ゲストには、元日本代表選手の森島寛晃さんが登場!間近に迫った女子ワールドカップの話題から始まり、森島さんは、「ユニフォームの素材が変わり、以前と比べて涼しくなりました。スポーツにもクールビズが取り入れられているんですよね」とテクノロジーの進化を実感。「長髪のサッカー選手が多かった頃から自分は短い髪だったので、クールビズスタイルでしたね!ネイマールもそうですが、日本でも武藤選手などショートカットのオシャレな若手選手が多いので、参考にしてカッコいいクールビスヘアを目指してほしいですね」と、クールビズヘアをアピールしていただきました。

<池田善一所長(左)、松下恒久常務取締役(中)。/現役時代からショートカットがトレードマーク!
クールビズヘアの元日本代表選手・森島寛晃さん(右)>

<ピンクの綿パンツに、綿・麻素材のジャケットを合わせたスタイリング(左)/一宮市で作られた生地を使った、
トレンドのガウチョパンツも登場(中)/今年注目のクラッチバッグは、大垣市で作られた渋柿染(右)>

上質な素材を使った「大人のクールビズスタイル」
キックオフイベント in 北九州

■開催日:6月11日(木)
■会場:井筒屋 小倉店
■参加百貨店:株式会社岩田屋三越、株式会社コレット井筒屋、株式会社佐賀玉屋、株式会社佐世保玉屋、株式会社下関大丸、株式会社鶴屋百貨店、株式会社トキハ、株式会社博多大丸、株式会社浜屋百貨店、株式会社阪急阪神百貨店、株式会社宮崎山形屋、株式会社山形屋

環境省地球環境局 地球温暖化対策課国民生活対策室の長谷川学室長補佐の挨拶に続き、北九州市の北橋健治市長より九州地区での具体的な取組が紹介されました。また、会場代表者として株式会社井筒屋の影山英雄代表取締役社長よりご挨拶いただきました。

九州地区の百貨店13社によるスーパークールビズファッションショーでは、ビジネスシーンにふさわしく、上質な素材を使った「大人のクールビズスタイル」の提案がありました。クールビズスタイルには欠かせないポロシャツは、カジュアルになりすぎない素材感と、通気性や吸水速乾にすぐれた機能性を兼ね備えたものを紹介。カラーは上品な白やネイビーを使い、ジレやネクタイでオフィシャル感が演出されていました!

また、「環境未来都市PR隊長」の「ていたん」と、ていたんのお友達でちょっぴりわがままな「ブラックていたん」が応援に駆けつけました!ていたんとブラックていたんと一緒に、エコに関するクイズ大会が開かれ、正解者には日本百貨店協会から賞品が贈られました。夏の電力使用量のピーク時に、まちなかの商店街や百貨店など涼しいところで過ごし、家庭の省エネ・節電につなげるとともに、まちなかのにぎわいづくりも進める北九州市の取組「まちなか避暑地」の紹介も行われました。

<左から、長谷川学室長補佐、北橋健治市長、影山英雄代表取締役社長。>

<「大人のクールビズスタイル」の提案。ジャケットを脱いでも「きちんと感」が崩れないジレを活用!>

<「環境未来都市PR隊長」の「ていたん」と「ブラックていたん」が応援に!
エコに関するクイズの正解者には賞品をプレゼント!>

機能的で上質なスタイルを提案!
キックオフイベント in 広島

■開催日:6月12日(金)
■会場:シャレオ中央広場
■参加百貨店:株式会社一畑百貨店、株式会社岡山髙島屋、株式会社そごう西武、株式会社天満屋、株式会社鳥取大丸、株式会社広島三越、株式会社福屋

環境省中国地方環境事務所築島明所長の挨拶に続き、広島県環境県民局の森永智絵局長より中国地区での具体的な取組が紹介されました。また、ホスト百貨店の代表として日本百貨店協会の井出陽一郎専務理事よりご挨拶いただきました。

中国地区の百貨店7社によるスーパークールビズファッションショーでは、涼しいけれど型崩れしづらく、機能的で上質なスタイルの提案が多くありました。また、スニーカーなどスポーツテイストのアイテムを取り入れたスタイルも。女性は、自宅で手軽に洗濯ができるアイテムも紹介されていました。

続いて、RCC中国放送の河村綾奈アナウンサーと、シンガーソングライターの森本ケンタさんによるミニファッションショー&ミニトークショーが行われました。接触冷感機能などが施された衣装で登場し、「着ていて涼しい」と2人ともテクノロジーの進化を実感していました!


<築島明所長、森永智絵局長(上段)/井出陽一郎専務理事(下段左)/
RCC中国放送の河村綾奈アナウンサー、シンガーソングライターの森本ケンタさん(下段右)>

<清涼ストレッチ素材で、カッコ良さと涼しさを両立!(左)/
吸水速乾素材のクールマックスを使ったパンツスタイル(中)/麻100%のシャツは自宅で洗濯可能!(右)>

一覧を見る