“見つけよう!未来をかえるエコの知恵”をテーマに、日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2014」が12月11日(木)から13日(土)まで東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれました。(主催:一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社、後援:環境省、他)
環境省「Fun to Share」ブースでは、多彩な展示やステージプログラムを通して、気候変動(地球温暖化)の現状や豊かな低炭素社会へ向けた取組をお伝えしました。

<環境省「Fun to Share」の展示コーナーで、企業・団体の“知恵”に触れる来場者の方々>

賛同企業・団体の取組や製品を展示!

「Fun to Share」ブースの展示では、「IPCC第5次評価報告書」に基づく地球温暖化の最新情報と、「Fun to Share」の主旨や取組をパネルや映像で紹介。たくさんの方が熱心にご覧になっていました。 (※IPCC:気候変動に関する政府間パネル)

<「気候変動(地球温暖化)の現状と「Fun to Share」に関する映像やパネル>

「Fun to Share」の賛同企業・団体による展示では、7企業・団体の取組や製品等を具体的に紹介。例えば、マヨネーズづくりの過程で廃棄される大量の卵の殻や膜が、チョークやタイヤ、食品、化粧品の材料に活用されたり、サッカー場の芝生が近隣の保育園等に広がっていたり、まさに知恵や工夫が詰まったものばかり。実物を展示することで、実際に触れ、リアルに理解していただくことができました。

<「Fun to Share」の賛同企業・団体等の展示(上左から/五十音順)
※詳しくは以下の各リンク先をご覧ください。(外部リンク)
①:株式会社アぺックス「環境配慮型自動販売機&間伐材を使った紙カップ」
②:キユーピー株式会社「タマゴの殻と膜の有効活用」
③:コンサドーレ札幌(株式会社北海道フットボールクラブ)「コンサ百年の森づくり」
④:株式会社滋賀銀行「金融機関の環境への取組み」
⑤:清水エスパルス(株式会社エスパルス)「校庭・園庭の芝生化支援活動でCO2削減」
⑥:株式会社紬「KUMIKIスツール/KUMIKIプロジェクト」
⑦:宮崎高砂工業株式会社「火山灰を利用した水を通すレンガ」

また、会場内では、50以上のFun to Shareの賛同企業・団体(自治体)がブースを出展。それぞれの「Fun to Share宣言」と出展ブース(小間番号)を、タブレット端末や大型モニターで紹介し、各ブースを回って「Fun to Share」の広がりを実感していただく工夫をしました。

<Fun to Share賛同企業・団体の「Fun to Share宣言」と出展ブースを、タブレット端末(左)やモニターで紹介>

カーボン・オフセット商品の紹介

様々な“カーボン・オフセット商品”の展示も行いました。カーボン・オフセットとは、自らの温室効果ガス排出量のうち、削減努力をしてもどうしても削減できない量の全部又は一部を、他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)する取組のこと。カーボン・オフセット商品を購入することで、地球温暖化対策に貢献できるのです。その推進を担うカーボン・オフセットフォーラム(J-COF)やEVI(Eco Value Interchange)推進協議会と連携して展示を行いました。北海道から九州まで全国各地で作られたカーボン・オフセット商品は、積極的に買いたくなる魅力的なものばかりでした。

<カーボン・オフセット商品は、桐の炭・ドライフルーツ等(左)、ヒノキの名刺入れ・入浴剤(右)など、バラエティ豊かで魅力的な商品ばかりです>

<EVI推進協議会の充実した展示品。SuicaやPasmoの利用での森林支援、サツマイモなど農産物のカーボン・オフセット商品や(左)、読み聞かせ環境絵本(中)などのツールも展示/右はカーボン・オフセットの解説パネルと映像>

ステージプログラムで「Fun to Share」をアピール!

「Fun to Share」ブースでは3日間を通してミニステージを実施。「Fun to Share」の取組紹介、気象予報士による気候変動の最新情報、カーボン・オフセットに関する紹介など、30以上のプログラムで情報発信を行いました。

<環境省の担当者による「Fun to Share」の紹介>

気象予報士によるミニステージでは、真夏日が何カ月も続くという「2100年の天気予報」に参加者もビックリ! 地球温暖化にはつながらないとされる人間が呼吸で出すCO2の量と、地球温暖化につながる家庭で使うエネルギーから排出されるCO2の量を風船を膨らませて実感したり、環境に関するクイズを通して地球温暖化の現状を理解したり、楽しく参加しながら学べるプログラムとなりました。子どもから大人まで多くの方に参加していただきました。

<左から気象予報士の田代大輔さん、橋詰尚子さん、藤森涼子さん>

カーボン・オフセットについても、クイズで楽しく基礎知識を伝えるビンゴゲーム、「カーボン・オフセット大賞」の受賞事例、高校生による取組の発表など、バラエティに富むプログラム。また、環境問題と社会問題に同時に取り組む事例を表彰する「グッドライフアワード」も紹介されました。

<カーボン・オフセット クイズdeビンゴ(左)は盛り上がりました!「カーボン・オフセット大賞」の事例紹介(右)も多くの人の関心を集めました>

<高校生の取組発表(左)、EVIの担当者から環境省発行の読み聞かせ環境絵本の紹介と実演(右)など、多彩なプログラムを実施しました >

ブース来訪者の様々なご意見

「Fun to Share」ブースを訪れた方々にお話を伺いました。

都内の金融関係にお勤めの男性は「『2100年の天気予報』には驚きました。今から一人ひとりが取り組むことで、2050年以降の地球温暖化状況が変わってくるので、自分も貢献したいですね」。

都内の農学系大学院に通う女性2人組は「地球温暖化は進んでいるようですが、さらに調査を進めて精度を高めて欲しいです。Fun to Shareは人類に関わるキャンペーンとして広がるといいなと思います」。

小学生のお子さんと来場した埼玉県の男性は「地球温暖化は息子の世代が大きな影響を受けるので気になります。勤務先企業が社員の自宅の電気使用量を診断してくれるので、電気を無駄にしないように心がけるようになりました。展示の中では、木の製品が地球温暖化防止に役立っている実感があって好きです」。

大学の環境学部の男性二人は授業の一環で来訪。「地球温暖化は子どもの頃から耳にしていましたが、自分自身は昔の気候を体験していないのであまり実感がありませんでした。今回、映像で見ることができたので、わかりやすかったです。展示では、火山灰で作ったレンガが興味深かったです」。

千葉県の男性は「CO2を出さない移動を心がけています。クールビズやクールシェアは知っていました。展示では、スイカやパスモの利用が森林支援につながる取組が印象に残りました」。

群馬県の男性と女性は、「仕事の参考に環境の社会動向を知るために来ました。気象予報士の気候変動に関するクイズは役に立ちますね」。

富山県の男性は「環境問題に様々な企業が努力していると感じます。地球温暖化対策は一人ひとりが担い手なので、自分も暖房の温度などは気をつけています。Fun to Shareの取組については、そもそも知らないと行動できないので、知ることがいちばん大事ですね」。

他にも、「サッカーチーム(コンサドーレ札幌)が森づくりをしているなんてびっくりした」「しずおか校庭芝生化応援団(清水エスパルス)の活動に興味をもった」「キューピーのチョークとあぶらとり紙が気になった」などのコメントもいただきました。
皆さま、貴重なご意見ありがとうございました!

<ご意見をいただいた皆さん>

<大きなFun to Shareテーブルでアンケートにもじっくり記入いただきました(左・中)>

会場内のイベントステージでトークショーを実施

12月11日には、会場内のイベントステージで、「気象予報士が解説!IPCC報告書からひもとく気候変動の最新情報」と題したトークショーを実施しました。出演は、岩谷忠幸さん(気象キャスターネットワーク 副代表)と天達武史さん(気象キャスター)、そして環境省の担当者です。

満員の客席を前に、気象キャスターの天達さんが、自ら体験取材した40度を越える山梨県の猛暑日やシベリアの極寒、東京都内の局地的豪雨など、最近の異常気象を報告。ホッキョクグマと地球温暖化に関するクイズや、二酸化炭素を水で吸収する実験などを通して、気候変動(地球温暖化)の具体的な影響をわかりやすく紹介されました。
続いて登場した岩谷さんは、IPCC第5次評価報告書に基づき、2100年までの二酸化炭素排出量と気温上昇の関係や、温室効果ガスを減らす「緩和策」と地球温暖化の影響に備える「適応策」の必要性など気候変動に関する最新情報について詳しく解説。最後に、環境省の担当者が、「Fun to Share」について紹介し、来場者に「参加」を呼びかけました。

※このトークショーの模様は、環境省動画チャンネルで動画公開を予定しています。ぜひご覧ください!

<左から、天達さん、岩谷さん、環境省担当者>

計161,647人が来場した「エコプロダクツ2014」。低炭素社会実現をはじめとした環境問題に取り組む企業・団体と、環境に関心の高い参加者が集まった大型イベントで、様々な角度から気候変動(地球温暖化)の現状や「Fun to Share」の取組について伝えることができました!

「エコプロダクツ2014」について詳しくはこちら(外部リンク)

カーボン・オフセットフォーラムについて詳しくはこちら(外部リンク)

EVI推進協議会について詳しくはこちら(外部リンク)

一覧を見る