「スマートムーブ北海道キャンペーン~北海道の夏。エコな移動で会いに行こう!~」(主催:スマートムーブ北海道キャンペーン実行委員会、特別協力:環境省)の一環として、8月9日(土)、サッポロファクトリーアトリウム(北海道札幌市)でイベントが開催されました。イベントのステージには北海道ゆかりのアーティストや環境省の担当者が出演し、その様子は地元ラジオ局のFMノースウェーブで生放送されました。また会場には、キャンペーン賛同企業や北海道庁、札幌市環境局、北海道地方環境事務所等がブースを出展しました。

<イベント会場は、ステージ(奥)と、出展ブースエリア(手前)で構成>

 

環境省担当者とアーティストが、スマートムーブとエコドライブを公開生放送でアピール

<左:DJカツノリさん(左)と、大型映像を使って説明する環境省の担当者/
右:「エコドライブで旭山動物園」とフリップに書いたleccaさん(右)>

 

イベントの司会は、FMノースウェーブでスマートムーブ紹介コーナーを担当したDJのカツノリさんです。最初に環境省の担当者が登場し、スマートムーブについて説明しました。
まず、カツノリさんが、地球温暖化の原因となるCO2排出量の大きな部分を占める「移動」を工夫しようというスマートムーブの主旨を紹介。これを受けて環境省の担当者が、スマートムーブの具体的な方法として、「公共交通機関を使おう」など5つの取組を伝えました。
また、エコドライバープロジェクトについて、燃費向上や交通事故減少そして同乗者や周りの人からの信頼にもつながる、これからのドライブマナーであることを紹介。自分の燃費を知ることや、「ゆっくりアクセル」などの実践を呼び掛けました。
さらに気候変動キャンペーン「Fun to Share」を紹介し、地球にやさしい取組を、楽しみながら実践しようとアピールしました。

続いては、札幌出身のレゲエ・アーティストで、以前FMノースウェーブの番組にレギュラー出演し、今や全国的な人気を持つ、lecca(レッカ)さんのトークです。
「エコドライブで旭山動物園」に息子さんと行きたい!とメッセージしたleccaさん。ドライブが楽しい北海道のなかでも特に行きたいポイントとのことです。また、お母さんと電車で行った富良野の思い出などにも触れ、公共交通機関の利用によるスマートムーブをアピールしていただきました。
leccaさんは、番組終了後に会場内限定でミニライブを行い、熱唱に会場全体が盛り上がりました。

 

<生放送番組終了後のライブで歌を披露するleccaさん>

 

北海道庁、札幌市、賛同企業や環境省のブースを楽しみながら巡回

会場では、北海道庁や札幌市環境局がエコドライブのブースを出展。札幌市のブースに設置されたエコドライブシミュレーターは、まず普段通りに運転すると、運転方法のアドバイスが表示され、次にアドバイスに従ってエコドライブ運転をすると、燃費やガソリン消費量、CO2排出量をどのくらい改善できるかが分かるというもので、たくさんの来場者の人気を集めました。
キャンペーン賛同企業では、札幌の自転車シェアリングサービス「ポロクル」や、北海道のおすすめドライビングコースを紹介している「シーニックバイウェイ北海道」などが出展しました。
環境省ブースでは、スマートムーブの紹介パネルを展示したほか、スマートムーブに賛同された方に抽選でキャンペーン賛同企業提供のプレゼントを差し上げました。

 

<北海道庁のエコドライブのブース(左)/
札幌市環境局のブースでは、シミュレーターでエコドライブを模擬体験>

 

<サイクルシェアリングサービス「ポロクル」のブース(左)/
オススメのドライブコースを紹介している「シーニックバイウェイ北海道」ブース>

 

<環境省のブースでは、たくさんの方にスマートムーブに賛同していただきました>

 

<スマートムーブに関する各種パネル展示>

 

レンタカー利用者へのエコドライブのアピール

「スマートムーブ北海道キャンペーン~北海道の夏。エコな移動で会いに行こう!~」はエコドライブをテーマに、6月27日から8月31日に実施されたものです(一部の放送やイベントは期間外に実施)。キャンペーン期間中は、FMノースウェーブによるキャンペーン賛同企業の取組紹介やスマートムーブへの呼び掛けをはじめとして、賛同者へのプレゼント、ドライブ観光総合情報誌「シーニックバイウェイ北海道」でのエコドライブ具体例の紹介、さらにレンタカー利用者へのエコドライブの啓発など、多様な取組が展開されました。
今回のキャンペーンでは新たな取組として、「エコドライバープロジェクト」を推進するために、新千歳空港レンタカー協議会などと連携してエコドライブを呼び掛けました。
レンタカー利用者に対して、レンタカーの店舗と車両をはじめ、新千歳空港や、高速道路のサービスエリア、道の駅などに、チラシやポスター、車内ステッカーを設置してアピールしました。

イベントや放送に加えて、これらの取組を通じて、北海道在住者はもちろん、夏の北海道を訪れた観光客なども含む様々な方に、スマートムーブとエコドライブを意識していただく機会となりました。

 

<レンタカー店舗、レンタカー車内、高速道路サービスエリアなどに掲出した、
スマートムーブやエコドライバーに関するチラシ、ステッカー、ポスター>

 

「スマートムーブ北海道キャンペーン~北海道の夏。エコな移動で会いに行こう!~」について詳しくはこちら

一覧を見る