8月25日(月)、「自動車レースの聖地」と言われる鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で、「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」(主催:全日本学生自動車連盟、特別協力:環境省)が開催されました。この大会は、環境省が推進する「エコドライバープロジェクト」の一環として、自動車利用におけるCO2排出量を削減する「エコドライブ」の技術習得を目的とするとともに、全日本学生自動車連盟及び加盟校自動車部、そして日頃から「エコドライブ」を推進している企業・団体が、連携してエコドライブのムーブメントを醸成することも期待しているものです。

 

<勢ぞろいした競技車両>

 

日本を代表するエコカー3車種によるエコドライブを体感!

参加チームは、一般の部(企業・団体等)26チーム、学生自動車部の部33チームの計59チームです。一般の部には環境省チームも「チームFun to Share」として参加しました。
競技は、コースの特徴が異なる3種類のRound(高速走行メインの「サーキットRound」、多様な場面を走行する「チャレンジRound」、運転技術を競う「テクニカルRound」)を走行。車両は日本を代表する燃費性能の優れた3車種(ハイブリッドカーのトヨタ・アクア、ホンダ・CR-Z、電気自動車の日産・リーフ)が、各Roundごとに使用されました。3Roundの結果(燃料・電気の消費、所要時間等)の合計で順位が決められました。

 

<左上から時計回りに、競技スタート、エコドライブで白熱したレース、
駐車場で行われたテクニカルRound、
スタート地点に「Fun to Share」のロゴマークとスローガンを掲出>

 

レース前には、エコドライブ走行による競技についてブリーフィングを実施。またレース後には、モータージャーナリストの日下部保雄さん、竹岡圭さんの司会で、ゲストに元F1ドライバーの片山右京さん、トヨタGAZOOレーシングより影山正彦さん、井口卓人さん、蒲生尚哉さんを招いての「エコドライブトークイベント」も行われ、エコドライブの啓発を行いました。

 

<左:レース前のブリーフィング/
右:トークショー(左から日下部さん、竹岡さん、片山さん、影山さん井口さん、蒲生さん)>

 

競技結果は、総合優勝がファインモータースクール(一般の部優勝)、準優勝が慶應義塾大学自動車部(学生の部優勝)でした。

<左:総合優勝・ファインモータースクールのエコドライブ宣言/
右:準優勝・慶應義塾大学のエコドライブ宣言>

 

開催にあたっては、(一社)日本自動車工業会、(一社)日本自動車販売協会連合会、(一社)日本自動車連盟をはじめ、トラック、バス、ハイヤー・タクシー、レンタカー、タイヤ、石油の各業界団体や企業の後援などが行われました。こうした自動車の走行に関わる各ステークホルダーが参加することを通して、エコドライブをオールジャパンで推進していく契機となりました。

 

「全日本エコドライブチャンピオンシップ2014」について詳しくはこちら

 

 

一覧を見る