環境省では3月26日(水)、これまでの地球温暖化防止国民運動に代わる、新たな気候変動キャンペーン「Fun to Share」をスタート。キックオフ・イベントを皇居外苑 和田倉噴水公園内施設(東京都千代田区)で開催しました。石原伸晃環境大臣をはじめ、経済団体や業界団体・その他団体、自治体、企業、著名人などが多数出席し、「Fun to Share」賛同宣言が行われました。

<当日、登壇された方々>
環境大臣から「Fun to Share」の発表
「Fun to Share」とは、最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、低炭素社会を作っていこうよ!という合言葉。企業、団体、地域社会、国民一人ひとりが連携し、豊かな低炭素社会づくりに繋がる情報・技術・知恵を共有し、連鎖的に拡げることで、「ライフスタイル・イノベーション」を起こし、日本発で世界に広げ、低炭素社会を実現しようという取組です。
企業・団体による新規賛同登録はこちらで募っています。是非ご賛同をお願いいたします。

イベントは、石原伸晃環境大臣によるご挨拶とキャンペーン名称「Fun to Share」及びロゴマークの発表で始まりました。

<「Fun to Share」を発表する石原環境大臣/「Fun to Share」ロゴマーク>

若田国際宇宙ステーション船長のメッセージ
続いて、国際宇宙ステーション船長・若田光一氏の賛同メッセージが宇宙から届けられました。

<国際宇宙ステーション 船長 若田光一氏 >

各界代表者による「Fun to Share」賛同宣言等

引き続き、各界の代表者や著名人等による、「Fun to Share」賛同宣言が行われました。
※各宣言の詳細は、各登壇者名や写真をクリックすると、ご覧いただけます。

【経済団体】

<一般社団法人日本経済団体連合会 会長 米倉弘昌氏
「私たちは、技術で地球規模の低炭素社会を目指します。」>

<公益社団法人経済同友会 副代表幹事 長島徹氏
「私たちは、「創・蓄・省・熱」エネで、低炭素社会を目指します。」>

【業界団体・その他団体】

<日本労働組合総連合会 会長 古賀伸明氏
「私たちは、ライフスタイルの見直しで、低炭素社会を目指します。」>

<一般社団法人日本自動車工業会 副会長・専務理事 名尾良泰氏
「私たちは、エコカーで、低炭素社会を目指します。」>

<日本百貨店協会 会長 茶村俊一氏
「私たちは、クールビズ・ウォームビズで、低炭素社会を目指します。」>

<一般社団法人日本照明工業会 筆頭副会長 渋谷徹氏
「私たちは、新しいあかりで、低炭素社会を目指します。」>

【企業】
「エコ・ファースト企業」が、環境問題に対する取組をさらに充実させることを目的に設立した「エコ・ファースト推進協議会」の議長による賛同宣言。

<ライオン株式会社 代表取締役社長 濱逸夫氏
「私たちは、エコ・ファーストで、低炭素社会を目指します。」>

【自治体】

<全国知事会 副会長/茨城県 知事 橋本昌氏
「私たちは、地域の力で、低炭素社会を目指します。」>

<全国市長会 副会長/茨城県守谷市 市長 会田真一氏
「私たちは、市民との協働で、低炭素社会を目指します。」>

<全国町村会 副会長/千葉県東庄町 町長 岩田利雄氏
「私たちは、地域資源の活用で、低炭素社会を目指します。」>

日本で初めてとなる『IPCC(気候変動に関する政府間パネル)総会』が開かれている横浜市から。

<神奈川県横浜市 市長 林文子氏
「私たちは、スマートシティで、低炭素社会を目指します。」>

【著名人】

<ボーカルユニット BREATHE(ブリーズ) 宮田慧氏、多田和也氏
「私たちは、音楽のチカラで、低炭素社会を目指します。」>

<女優 黒谷友香氏
「私は、自然とのふれあいで、低炭素社会を目指します。」>

<アーティスト 元ちとせ氏
「私は、やわらかなサイクルで、低炭素社会を目指します。」>

<元プロ野球選手、野球解説者・(社)環境アスリート協会 賛同アスリート 篠塚和典氏
「私は、スポーツを通じた環境教育に力を注ぎ、低炭素社会を目指します。」>

<スポーツジャーナリスト 中西哲生氏
「私は、スタジアムなどでの環境活動を行うことで、低炭素社会を目指します。」>

<海洋冒険家 白石康次郎氏
「私は、夢と勇気で、低炭素社会を目指します。」>


 

IPCCリポートコミュニケーターの活動開始メッセージ

「Fun to Share」では、『IPCC第5次評価報告書』をベースに、気候変動に関する最新情報を国民に伝える、「IPCCリポートコミュニケーター」事業を開始しました。
IPCCリポートコミュニケーターを代表して、気象キャスターの天達武史さんと酒井千佳さんから、活動開始メッセージをいただきました。

左:酒井氏右:天達氏

「Fun to Share」開始宣言

次に、石原環境大臣が、登壇した皆さんと、「Fun to Share」開始宣言を行いました。

<「Fun to Share」開始宣言>
 

環境副大臣のご挨拶

最後に、北川知克環境副大臣がご挨拶を行い、キックオフ・イベントは終了しました。

<北川環境副大臣>


いよいよ始まった新たな気候変動キャンペーン「Fun to Share」。最新の知恵を楽しくシェアしながら、低炭素社会を作っていくために、是非ご参加・ご賛同をお願いいたします。

◎ 企業・団体による新規賛同登録はこちら

一覧を見る