地球温暖化防止コミュニケーター

IPCC AR5の警鐘

IPCC AR5の警鐘

21世紀の人類全体の大きな課題である『気候変動』。
その影響は、世界を襲い、猛威を振るう強い台風や、熱波の来襲のニュースなどによって感じることができます。
地球に何かが起きている。
その“何か”について、人為起源による気候変動、影響、適応及び緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行 い、とりまとめた報告書として、2013年~2014年にかけて第五次評価報告書(AR5)が発表されました。

では、IPCC AR5とはどのようなものなのでしょうか?IPCC AR5の概要を追いながら、気候変動の最新知見を確認しましょう

映像≪IPCC AR5の警鐘(メッセージ) ~私たちの暮らしと地球温暖化~≫第5次報告書を発表したIPCC。報告書は何を語っているのか?

IPCCとは

IPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change : 気候変動に関する政府間パネル)は、 1988年に世界気象機関(WMO)と国連環境計画(UNEP)により設立された組織で、現在の参加国は195か国、事務局はスイス・ジュネーブにあります。IPCCでは、人為起源による気候変動、影響、適応及び緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行い、報告書としてとりまとめています。「第五次評価報告書」(2013年~2014年)は、世界中で発表された9,200以上の科学論文を参照し、800名を超える執筆者により、4年の歳月をかけて作成されています。

これまでに出された評価報告書の概要

IPCC AR5の報告書発表の流れ

※1 適応
人間社会において、現実/予測される気候及びその影響に対して、損害を和らげ、回避し、またはその影響による変化を好機として活かそうとし、自然や社会の在り方を調整する過程のことです。
人間の介入は予測される気候に対する調整を促進する可能性があります
※2 温室効果ガス
温室効果ガス(Greenhouse gas)とは、地球の表面や大気、雲から放出される赤外線のうち、特定の波長のものを吸収したり放出することで温室効果を引き起こすガスのことを呼びます。
主に、水蒸気、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、ハロカーボン類(フロンを含む)、地上オゾン(O3)などがあります。
温室効果の約50%が水蒸気、約20%が二酸化炭素とされています。
この中で、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)、一酸化二窒素(亜酸化窒素、N2O)、フロン類が、人間活動によって増加した温室効果ガスです。
※3 緩和
温室効果ガス排出の抑制と吸収源の向上のための人為的介入のことです。
日本では、気候変動の緩和に向けた方策のことを「地球温暖化対策」と呼び、地球温暖化対策推進法では、「温室効果ガスの排出の抑制並びに吸収作用の保全及び強化その他の国際的に協力して地球温暖化の防止を図るための施策」と定義しています。

出典:地球温暖化対策の推進に関する法律 平成10年10月9日法律第117号

地球温暖化防止コミュニケーターとは

2014年地球温暖化に関する最新の知見である、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第五次評価報告書の公表を契機に、IPCCリポート コミュニケーター事業が発足しました。これまで、地球温暖化に関する最新の情報を広く一般の方々に直接伝え、21世紀に向け低炭素社会にふさわしいライフスタイルへの変革を働きかける活動を日本各地で行ってまいりました。
2015年度、今後の地球温暖化対策の大きな節目となるパリ協定の採択や国民運動「COOL CHOICE」の推進、更に地球温暖化対策計画の策定等々の新しい動きがあり、IPCCリポートコミュニケーター活動においても、IPCC第5次評価報告書の内容に加え、これら地球温暖化対策の最新情報をカリキュラムに加えるなど、更なる事業の拡充を目指し、2016年度より「地球温暖化防止コミュニケーター」と名称を変更いたしました。

お問い合わせ

地球温暖化防止コミュニケーター事務局
communicator@ondankataisaku.env.go.jp

よくある質問

Q.登録申請をして、送られてきたURLにアクセスしたところ、「地球温暖化防止コミュニケーター初期登録に失敗しました。URLが間違っているか、申請から24時間が経過している~」といったメッセージが出ました。登録できていないのでしょうか?
A.上記のメッセージは申請確定URLに2回以上アクセスされた場合に出るケースが多いようです。
申請確定URLは最初にアクセスいただいた時点で初期登録が完了しており、複数回のアクセスは不要です。
初回に申請確定URLにアクセスされた時点で『初期登録完了及びE-ラーニングアクセスID/パスワードのお知らせ』を自動送信メールでお送りしております。初期登録はメールの受信をもって完了となりますので、メールの受信をご確認くださいますようお願いいたします。
尚、ご利用いただいてるメールの設定などにより、受信までにかかるお時間が異なりますのでご注意ください。
Q.送られてきたパスワードでログインできないのですが?
A.事務局へお問合わせいただく前に、下記注意事項をご一読の上、再度ログインをお試しください。 パスワードは大文字と小文字が混在したコードとなっており、それぞれを別の文字として認識しております。 ご案内したコードのままで、お試しください。

【コード入力時の注意点】

  • 必ず半角で入力してください。
  • 大文字と小文字は、別の文字として認識されます
  • スペースも文字としてカウントされます。
  • CAPSのロックなどにもご注意ください。

※ご案内は「E-ラーニングアクセスID/パスワード」、「専用サイトログインID/パスワード」共通です。

Q.E-ラーニングに合格したが、登録画面などがでませんでした。本当に登録されているのでしょうか?
A.E-ラーニング受講結果が合格と判定されると、『仮登録完了と専用サイトID、パスワードのお知らせ』を自動送信メールでお送りしております。
合格画面は解答の確認後、閉じていただいて問題ございません。
仮登録はメールの受信をもって確定となりますので、メールの受信をご確認くださいますようお願いいたします。
尚、ご利用いただいてるメールの設定などにより、受信までにかかるお時間が異なりますのでご注意ください。
ページトップへ