“ エネルギー収支ゼロを超える家”で低炭素社会へ。

現代社会、そして未来の課題として関心を集める地球温暖化や環境、エネルギー問題。

その解決に向けて、住まいにもより強く省エネ化が求められています。

私たちパナホームは、2020年を目標に政府が標準的な新築住宅として推進するネット・ゼロ・エネルギー・ハウス※1(ZEH)を先取り。

高い断熱性能と、先進の創エネおよび省エネテクノロジーによって、平均的な太陽光発電システム搭載量※2でも「実質消費エネルギーゼロ」を可能にします。

さらに大容量の太陽光発電システムを搭載することでプラスの価値を創造し、より豊かなくらしへ。

それが、地球にやさしくご家族の未来にふさわしい住まいを実現する“エネルギー収支ゼロ”を超える家です。

※1 創エネルギー量と消費エネルギー量が、相殺されてゼロになる住宅。

※2 JPEC太陽光搭載量実績(平成26年4月~12月):平均4.56kW


http://www.panahome.jp/sumai/zeroeco/

掲載されているFun to Share宣言及びその内容は、各企業・団体から寄せられたものです。