朝型生活にチャレンジ 朝チャレ! 早寝早起きの毎日で、夜間CO2を削減。

朝チャレ!応援団からのメッセージ

柴田真希さん

バランスの良い朝食でエネルギーをチャージ!

写真:AHN MIKAさん

私は小さな頃から早寝・早起き!
学生時代も早朝にコーヒー屋さんでアルバイトをしたり、初の社会人生活は「社員食堂」での栄養管理だったので、出社が
8時だったり・・・
朝には強くて、自然と朝チャレ!を実践しています。
現在も、毎朝5時台には起きて、しっかりと朝ごはんをいただいてから
1日をスタートさせています。

さて今、朝ごはんを食べない人も多いようですが、「管理栄養士」的にも、やはり朝ごはんはきちんと食べることがオススメです。

「朝ごはんが食べられない」と言う人に、「なぜ食べられないか?」と聞くと、
「時間がない」「食欲がない」
多少は食べていたとしても、
「ごはん(米)は朝から重たいから、パンやフルーツ、ジュースしか食べられない」
などという意見が挙げられます。

私も、夜遅くまで仕事や勉強などをすることもありますが、もともと早寝な習慣のため、夜遅くなると眠くなってしまって、はかどりません(苦笑)
そんな時は、思い切って寝てしまい、朝早く起きてスッキリとした気持ちでスタートするようにしています。
もちろん、脳のはたらきを良くする「ごはん」や「お味噌汁」など、バランスの良い朝食でエネルギーチャージをしてから・・・

皆さんも、朝チャレ!を始ようかと少しでも思った、この機会に一度、自分のライフスタイルを振り返ってみませんか?

管理栄養士 雑穀・フードコーディネーター 柴田 真希

1981年、東京生まれ
女子栄養大学短期大学部卒業後、集団給食、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。
現在は、NHKお料理コーナー「かんたんごはん」の番組出演はじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムの掲載と幅広く活躍中。

閉じる