メインコンテンツ

ウォームビズについて

TOP
室温20℃とは?  
ちょっとした工夫で実現できる"室温20℃"の知恵!WARMBIZなスタイル
FOR MENFOR WOMEN コラム1コラム2 WARMBIZの成果

WARMBIZ DISCUSSION FOR WOMEN

WARMBIZを楽しみながら実践している環境省職員が実際どう感じているかについて語りました。

冬は「20℃」が常識です。冬は「20℃」が常識です。

「クールビズ」で、夏のオフィスの寒さから解放されたと思ったら次は「ウォームビズ」。オフィスはまた寒くなるのか。
青柳 クールビズが始まったときは「ヤッター!」と思ったんですよ。みんな暑いのに、もっと暑い格好をして我慢しているなんて不自然でしょ。ウォームビズでは「暖房時の室温を20℃に」と言っていますが、冬らしい格好をしていればそんなに寒くない温度です。
桜井 逆に私は暑がりなので、デスクにいるときは半袖のセーターだけにしたり工夫をしています。
大川 OA機器が集まるところは暑かったり、あまり使われていない会議室は寒かったり、場所によっても温度差がありますよね。体感温度も個人差がありますし。
藤田 つまり、単に「ウォームビズ=オフィ スが寒くなる」ではないんです。「冬の過剰な暖房を見直して、寒いときには着る」というシンプルな考え方が基本です。暖房20℃を目安に、いろいろな角度から工夫して、「働きやすく暖かく格好良い」ビジネススタイルを目指すことがウォームビズなので、「寒くなる」ではなく、むしろ、冬のオフィスでの楽しみが増えると考えるのはどうでしょうか。
青柳 実際、女性は冷え性の人も多いので、寒いだけのウォームビズなんて困りますよね。クールビズでもそうでしたが、オフィス 環境はどうしても男性の服装に合わせることが多いと思いますので、男性が率先して実践してくれることは、女性にとっても快適で働きやすい環境になると思います。

部分保温という考え方。オフィスの環境にも、ファッションにも役立ちそう。
青柳 最近、「部分保温」という言葉がよく目につくんです。そのための商品も増えているようです。居住空間も衣類もまんべんなく暖かくするのではなくて、必要なポイントだけ暖めるという。
桜井 無駄なく地球にやさしく。それってリーズナブルですよね。
青柳 衣類については、基本的に首元、手首、足首の「3つの首」は大きなポイントです。このポイントを重点的に温めれば、寒さはかなり抑えられます。
藤田 今日、初めて足首まで覆うブーツを履いてみたんですが、暖かくてビックリしました。女性のみなさんにとっては当たり前のことなのでしょうが、ひとつ発見をした気分です。
桜井 女性は、寒さ対策については結構ノウハウを持っていると思うので、女性のワザをどんどん取り入れてください。膝掛けを使ったり、クッションをイスの背もたれの間に置いたりと、いろいろ小物を使っています。
大川 膝掛けはちょっと恥ずかしいけど、クッションは背中やお腹が温まりそうでいいなあ。
青柳 女性にとっては普通のことでも、男性が実践したら、ファッショナブルになって、職場も楽しくなりますね。
桜井 クールビズのときは、エレベータや廊下で男性がファッション談義で盛り上がっている光景がありました。今回もそうなると楽しそう(笑)。
環境省 国民生活対策室 藤田佳久 環境省
国民生活対策室
藤田佳久
環境省 地球温暖化対策課 大川正人 環境省
地球温暖化対策課
大川正人
 
環境省 国民生活対策室 青柳恵美子 環境省
国民生活対策室
青柳恵美子
環境省 地球温暖化対策課 桜井伸子 環境省
地球温暖化対策課
桜井伸子
※2005年度当時

さらに詳しくWARMBIZ For WOMENを見る
PDFダウンロード
 ※PDFは2005年度のものです